ソフトウェア テストのフェーズと GA について

アルファ版テスト

アルファ版は、より広範囲へのリリース前に行われる限定的なテスト版です。アルファ版のテストは、機能性の検証だけでなく、特定のユーザーからのフィードバックを収集することも目的としています。通常、アルファ版への参加は招待制で、一般提供前の利用条件が適用されます。アルファ版のリリースにはすべての機能が含まれているわけではなく、SLA も提供されないため、テクニカル サポートの義務もありません。アルファ版は一般にテスト環境での使用に適しており、

ベータ版テスト

ベータ版のサービスや機能は、より広範なユーザーテストで使用できます。多くの場合、ベータ版は一般に告知されます。サービス規約または特定のベータ版サービスの規約で特に指定されていない限り、ベータ版のリリースに SLA はありません。ただし、限定的なサポートは提供されます。ベータフェーズは平均で約 6 か月続きます。


公開ベータ版プログラムについては、Google Workspace アップデート ブログでお知らせします。利用可能な Google Workspace ベータ版プログラムについてのページでは、利用可能なベータ版プログラムを一覧でご覧いただけます。このページからベータ版テストにお申込みいただけます。

一般提供(GA)

一般提供のプロダクトと機能は、本番環境で使用できる状態ですべてのお客様に公開され、該当する場合は Google Cloud SLA の対象となります。Google は通常、API、CLI、Google Cloud コンソールを通じて一般提供されるプロダクトや機能をサポートしています。ただし、特定のプロダクトまたは機能に照らして、先述の機能のうち 1 つ以上を提供することが合理性を欠く特別な場合を除きます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false
false