ユーザーの時間の分析情報を有効または無効にする

サポート対象エディション: Business Plus、Enterprise、Education Standard および Plus、Nonprofits。 エディションの比較

管理者は、Google カレンダーのダッシュボードである時間の分析情報にユーザーがアクセスできるかどうかを管理できます。会議に費やした時間やよく接する相手など、ユーザーに関する指標が表示されます。ユーザーにこの情報が必要ない場合は、時間の分析情報を無効にできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [カレンダー] にアクセスします。
  3. [詳細設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. [時間の分析情報] で [時間の割り当てに関する分析情報の表示をユーザーに許可する] を選択します。
  6. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。

変更が反映されるまでに、最長で 24 時間ほどかかることがあります。ユーザーに会議の所要時間を確認するを読んでもらい、時間の分析情報に関する情報を確認してもらいます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false