通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

Directory Sync のスタートガイド

このページは Directory Sync を対象としています。Google Cloud Directory Sync (GCDS)を使用している場合は、GCDS をご覧ください。現時点で Directory Sync は公開ベータ版です。

Directory Sync を使用して、外部ディレクトリのユーザーデータとグループのデータを Google Cloud のディレクトリに同期します。同期プロセスはクラウドで実行されるため、同期クライアントやオンプレミス ソフトウェアをインストールする必要はありません。Directory Sync は、Microsoft Active Directory(AD)または Microsoft Azure Active Directory(Azure AD)のデータを組織の Google アカウントと同期させる場合に最適です。

Directory Syncを設定する

AD を使用している場合は、以下の手順を行います(Azure AD を使用している場合は、手順 4 に進みます)。

  1. Google Cloud と AD の接続を確認する

    開始する前に、Google Cloud と LDAP サーバー間のネットワーク接続が使用可能であることを確認します。

  2. Google Cloud で VPC アクセス コネクタを設定する

    既存のネットワーク設定を使用して Directory Sync が AD に接続できるようにするには、Virtual Private Cloud(VPC)アクセス コネクタが必要です。

  3. Data Connectors API を有効にする

    VPC アクセス コネクタを設定したプロジェクトを使用して、Data Connectors API を有効にします。

  4. 外部ディレクトリを Directory Sync に追加する

    Google 管理コンソールから、Directory Sync を使用して外部ディレクトリに接続します。

  5. Directory Sync でユーザーとグループの同期を設定する

    ユーザーとグループを Google Cloud のディレクトリと同期する方法を指定します。この設定は管理コンソールで行います。同期のシミュレーションを実行して設定を確認します。

  6. 同期の実行

    Google Cloud ディレクトリへのデータの同期を開始します。管理コンソールの監査と調査のページで進行状況を確認できます。

次のステップ

システム要件を確認する


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
6069859217991536921
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73010