Google Workspace アカウント間でデータを移行する

管理者は、ユーザーのデータ(メール、カレンダー、ドキュメント、サイトなど)を既存のアカウントから新しいアカウントに移行することができます。複数のアカウントのデータを 1 つのアカウントに統合することも可能です。ユーザーのデータの移行は、管理者が行うこともあれば、ユーザー自身が行うこともあります。

注: 大量のデータを一度に移行すると、データが表示されるまでに時間がかかることがあります。

複数ユーザーのデータの移行

Google Workspace アカウント間で複数のユーザーのデータを移行する必要がある場合は、次の方法を使用してください。

  Google Workspace アカウントへのデータ移行方法
Gmail

メールの移行は、次のいずれかの方法で行うことができます。

Google Workspace

ユーザー数が 1,000 人以上のお客様の移行を行う場合は、Google Workspace Migrate を使用して、ある Google Workspace 環境から別の環境にデータを移行できます。

ユーザーまたは小規模チームのメンバーによるデータ移行

エンドユーザーまたは小規模なチームのメンバーの方は、次の方法で自身のデータを移行できます。

  Google Workspace アカウントへのデータ移行方法
Google アナリティクス

アナリティクス内のプロパティを、アカウント間で移動するなどの方法で整理し直すことができます。

Google カレンダー

自分のカレンダーを新しい Google Workspace アカウントの別のオーナーに移行することができます。

[マイカレンダー] リストにあるカレンダーをダウンロードしたり、個々のカレンダーを新しいアカウントのユーザーと共有したりできます。

Google コンタクト

連絡先を CSV ファイルに書き出して新しいアカウントに読み込むことで、連絡先を移行することができます。

Google ドライブ
Google サイト

サイトのオーナーは、自身のサイトを新しいアカウントにコピーして他のユーザーと共有することができます。

YouTube

ご利用のチャンネルがブランド アカウントにリンクされている場合、チャンネルの所有者と管理者を変更できます。

その他の Google サービス

その他の Google サービス(Google マイマップや Google フォトなど)からデータの書き出しとダウンロードを行い、それらのデータを新しいアカウントに移動することができます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。