Business Plus エディションに切り替える

販売パートナーからサービスを購入された場合は、販売パートナーにお問い合わせください。ご不明な場合は、ご利用の販売パートナーがご不明な場合をご覧ください。

年間プランをご利用の場合、年間プランからフレキシブル プランに変更しないとエディションをダウングレードできません。

従来の無料版 G Suite からアップグレードするには、こちらに移動してください。

G SuiteGoogle Workspace のサブスクリプションをご利用の場合、Business Plus エディションに移行することができます。

エディションを切り替えるにあたり

  • 切り替えると、全員に同じサブスクリプションが適用されます。たとえば、一部のユーザーのエディションのみを Business Plus に切り替え、残りのユーザーは引き続き Business Standard エディションを使い続けるといったことはできません。
  • 年間 / 定期プランをご利用の場合、現在のすべてのユーザーが切り替えの対象となります。
  • 現在のサブスクリプションが年間 / 定期プラン(年払い)で、アップグレードをしようとしている場合、年間 / 定期プラン(月払い)にのみ切り替えが可能です。切り替え後は、年払いのサブスクリプションの残存期間に対して日割りクレジットが付与されます。
  • Enterprise エディションから Business エディションに切り替えることができるのは、ユーザー数が 300 人以下の組織のみです。
  • 無料試用期間中にエディションを切り替えると、未使用分の日数は新しいサブスクリプションに適用されます。たとえば、無料試用の 10 日目にエディションを切り替えた場合、無料試用の最後の 4 日間が新しいサブスクリプションに適用されます。
  • エディションをダウングレードしたことで使用できなくなった機能(データ損失防止(DLP)や Google Vault など)は、51 日以内にアップグレードすれば再び使用できるようになります。この期間を過ぎた場合は、それらの機能に対応したエディションにアップグレードできるようになるまで 84 日間お待ちいただく必要があります。
  • どのエディションに切り替えるか判断するには、Google Workspace の各エディションの比較で機能をご確認ください。

利用できなくなる機能

すべて開く  |  すべて閉じる

機能を比較するにはログインしてください

G Suite または Google Workspace アカウントの管理者の方は、ログインして、ご利用いただける各エディションの機能を比較できます。ご利用のアカウントでログインしてください(末尾が gmail.com 以外のアドレスをご利用ください)。

切り替え前の準備

ユーザーの保存容量が制限されないようにする

組織内の全ユーザーが使用している保存容量の合計を確認します。組織のニーズを満たす十分なストレージを提供するサブスクリプションを選択します。組織のストレージの使用状況を確認します。

ステップ 1: Business Plus に切り替える

Google Vault をすでにご利用の場合: 誤ってデータが削除されないよう、切り替える前にこちらの手順で操作してください。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    特権管理者権限のあるアカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインしてください。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン  次に [お支払い] 次に [その他のサービスを利用する] にアクセスします。
  3. 切り替えるエディションの横にある [アップグレード]、[ダウングレード]、[切り替える] のいずれかをクリックします。
  4. この変更による影響を確認し、[次へ] をクリックします。
  5. 現在のサブスクリプションがフレキシブル プランの場合は、新しいサブスクリプションのお支払いプランを選択してください。
    • フレキシブル プラン - 長期的な利用契約を結ばず、ユーザー数に応じた利用料金を月ごとに支払うプランです。必要に応じてユーザーの追加と削除を行えます。
    • 年間プラン(月払い) - 1 年間の利用契約を結び、利用料金を月割りで支払うプランです。必要に応じてユーザーを追加できます。ユーザー数を増やすには、[合計ユーザー] の欄に新しい番号を入力します。下位のエディションにダウングレードした場合、年間プランはお選びいただけません。
  6. 現在のサブスクリプションが年間プラン(年払いまたは月払い)の場合は、新しいサブスクリプションのお支払いプランとして年間プラン(月単位のお支払い)を選択してください。
  7. (省略可)プロモーション コードを追加するには、[フレキシブル プラン] で [プロモーション コードを追加] をクリックし、コードを入力します。
  8. [ご購入手続き] 次に [注文] をクリックします。
以前にドライブ ストレージまたは Google Vault のライセンスを購入したことがある場合: エディションの切り替え後もドライブ ストレージと Vault のライセンスが割り当てられたままになることがあります。このようなライセンスに対して請求されることのないよう、移行後にまだライセンスが割り当てられているユーザーの個々のドライブのライセンスと Vault のライセンスを確認して削除してください。

(省略可)ステップ 2: Google Vault でデータ保持を設定する

組織の情報ガバナンス ポリシーの規定に従って、サポートされている Google Workspace サービスのデータを無期限に保持したり、一定期間後に削除したりできます。詳しくは、組織向けに Vault を設定するをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー