DMARC レポート

なりすましとフィッシングへの保護対策を行い、メールが迷惑メールに分類されないようにする

ドメインからのメールを受信するメールサーバーから定期レポートを受け取るように DMARC を設定できます。

メールで届く DMARC 日次レポートを定期的に確認することをおすすめします。レポート内の情報を確認することで、ドメインから送信されたどのメールが SPF、DKIM、DMARC 認証に合格しているかを把握できます。

DMARC レポートには次の情報が含まれます。

  • ドメインのメールを送信しているサーバーまたはサードパーティ サービス
  • ドメインから送信されるメールのうち、DMARC 認証に合格するメールの割合
  • DMARC に失敗するメールの送信元サーバーまたはサービス
  • ドメインからの未認証メールに対して受信サーバーが行う DMARC 処理(nonequarantinereject

ほとんどのメールが DMARC に合格していることをレポートで確認したら、より厳格な適用で DMARC ポリシーを更新します。適用を厳格化すれば、より強固にドメインをなりすましから保護できます。

組織のメールフローと認証状況を把握したら、DMARC レコードの適用オプションをより厳格なものに変更してください。

DMARC レポートの使用が推奨される理由

重要: ドメインで DMARC を有効にする場合は、必ずレポートを使用することをおすすめします。

レポートを見れば、ドメインから送信されたどのメールが SPF と DKIM で認証されているかがわかります。また、ドメインのメールの送信元を定期的にチェックしたり、潜在的なスパマーを特定したりすることが可能です。

DMARC レポートの情報をもとに、ドメインのメールが承認済みサーバーによって送信され、認証チェックに合格していることを確認します。ドメインからのメールの受信サーバーによる認証状況がわかったら、ポリシーを none から quarantine または reject. に変更することを検討してください。

レポート専用のグループまたはメールボックスを作成する

メールで受信する DMARC レポートの数は、ドメインから送信されるメールの量によって異なります。メールを受信したすべてのメールサーバーから日次レポートが送信されるため、毎日多くのレポートを受信することになります。大規模な組織では、数百から数千ものレポートが毎日届く場合もあります。

DMARC レポート専用のグループまたはメールボックスを作成することをおすすめします。日次レポートの数が多い場合や、レポート分析のサポートが必要な場合は、サードパーティ サービスの使用を検討してください。サードパーティの DMARC サービスで、レポートの受信、管理、分析を行えます。

サードパーティ サービスを利用する(推奨)

レポートはそのままでは解釈しにくい場合があるので、DMARC レポートの受信、保存、分析に特化したサードパーティ サービスの利用をおすすめします。

  • メールの量によっては、1 日に最大で数百件のレポートが届く場合があります。受信するレポートの数は、送信先のサーバー数、送信メール数、DMARC ポリシー レコードで指定したレポート オプションなど、複数の要因で決まります。
  • サードパーティ サービスを使用しない場合は、レポートの受信と保存専用のグループかメールボックスの作成をおすすめします。
  • サードパーティ サービスは個々のレポートを集約できます。
  • サードパーティ サービスは集約レポートを分析し、DMARC レコードの効果に関するフィードバックを提供します。

DMARC レポートを確認する

DMARC レポートは通常 1 日に 1 回メールで送信されます。送信先は、DMARC レコードの定義時に指定したメールアドレスです。DMARC レコードの rua  DMARC レコードタグでレポートを有効にすると、ドメインからのメールを受信したすべてのサーバーからレポートが送信されます。

レポートは XML 形式で、レポート メタデータと 1 つ以上のレコードが記載されています。レポート内の情報で重要なのは、ドメインからのメールが DMARC に合格しているかどうかです。

各レコードに含まれる情報:

  • レポート期間に 1 つの IP アドレスから送信されたメールの数
  • メールの SPF、DKIM、DMARC 認証の結果
  • 受信サーバーでの処理(ARC 認証に合格した未認証のメールを受信など)

XML 形式の DMARC レポートの例

次の例は、2 件のメールの結果を示した 1 つのレコードを含むレポートです。XML レコードを読み取るには、次のようにレポートを読み取り可能な形式に変換します。

  • レコードをリレーショナル データベースに追加して表形式に変換する
  • XSL スタイルシートを適用して XML を HTML に変換する

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>

<feedback>

  <report_metadata>

    <org_name>solarmora.com</org_name>

    <email>noreply-dmarc-support@solarmora.com</email>

   <extra_contact_info>http://solarmora.com/dmarc/support</extra_contact_info>

    <report_id>9391651994964116463</report_id>

    <date_range>

      <begin>1335571200</begin>

      <end>1335657599</end>

    </date_range>

  </report_metadata>

  <policy_published>

    <domain>bix-business.com</domain>

    <adkim>r</adkim>

    <aspf>r</aspf>

    <p>none</p>

    <sp>none</sp>

    <pct>100</pct>

  </policy_published>

  <record>

    <row>

      <source_ip>203.0.113.209</source_ip>

      <count>2</count>

      <policy_evaluated>

        <disposition>none</disposition>

        <dkim>fail</dkim>

        <spf>pass</spf>

      </policy_evaluated>

    </row>

    <identifiers>

      <header_from>bix-business.com</header_from>

    </identifiers>

    <auth_results>

      <dkim>

        <domain>bix-business.com</domain>

        <result>fail</result>

        <human_result></human_result>

      </dkim>

      <spf>

        <domain>bix-business.com</domain>

        <result>pass</result>

      </spf>

    </auth_results>

  </record>

</feedback>

表形式の DMARC レポートの例

次の例は、表形式の 2 つのレコードを含むレポートです。このレポートは、XML 形式から表形式に変換されています。

""

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
73010
false
false