GWMHN に関するよくある質問

Google Workspace Migration for HCL Notes

ここでは、Google Workspace Migration for HCL Notes (GWMHN) の使用に関するよくある質問を紹介します。

質問

すべて開く   |   すべて閉じる

移行中にユーザーがメールボックスにアクセスできないのはなぜですか?

本番環境データベースから移行している場合は、移行中に Notes のユーザー データベースにアクセスできないことがあります。データの移行はリソースを大量に消費するため、ユーザーは移行中にメールボックスにアクセスできなくなることがあります。通常、これは一時的なものです。

本番環境のメール データベースから直接移行しないことをおすすめします。代わりに、本番環境のメール データベースを移行サーバーに複製またはコピーし、GWMHN を使用してそのローカルコピーまたはレプリカを移行してください。

メール データベースがサーバー上の別のタスクによってロックされている場合もあります。この場合、GWMHN は、フィーダー エージェントが実行されるたびにデータベースへのアクセスを試みます。GWMHN からデータベースにアクセスできない場合は、他のサービスからもアクセスできない可能性があります。Notes の管理者に問い合わせて、問題を解決してください。
アクティブ ユーザーを別のフィーダーに切り替えることはできますか?

アクティブ ユーザーのデータベースは、割り当てられたフィーダー データベースによって処理されます。ユーザーを別のフィーダーに切り替えることはおすすめしません。切り替えると、同じデータベースのコンテンツが移行されてデータが重複する可能性があります。

フィーダー データベースを手動でプロファイルに割り当てる必要がある場合は、Google Workspace でコンテンツの欠落あるいは重複がないことを確認してください。

1 つの GWMHN インスタンスで複数のメールサーバーを管理できますか?
GWMHN の 1 つのインスタンスで、どのメールサーバーからもユーザーを移行できます。ただし、本番環境のメール データベースは移行サーバーにコピーし、その後、GWMHN を設定してローカルコピーを移行することをおすすめします。そうすることで、移行サーバーのプロセスによる影響が本番環境のサーバーに及ばないようにすることができます。
1 つのメールサーバーに接続できるサーバー数に制限はありますか?
複数接続すると、サーバーの負荷が増加します。最終的にサーバー リソースが逼迫し、パフォーマンスが損なわれる可能性があります。本番環境のメールサーバーを複数の GWMHN サーバーで参照することはおすすめしません。代わりに、本番環境のメール データベースを移行サーバーにコピーし、コピーのデータベースを各 GWMHN サーバーで移行してください。
データベースの登録には複数の方法がありますが、どのような違いがありますか?

GWMHN の各移行プロファイルには [Server] フィールドがあり、ここにメールファイルが存在するサーバーを指定します。フィーダー データベースの移行エージェントはこのフィールドを使用して、指定されたサーバー上のメール データベースを開きます。[Server] フィールドの設定は、移行プロファイルの作成方法によって異なります。データベースを登録する際に、次の登録オプションから選択できます。

  • From directory
  • Import from file
  • By server

[From directory] または [Import from file] オプションを選択した場合、GWMHN はユーザーのホーム メールサーバーにアクセスします。これは、Domino ディレクトリのユーザーのユーザー文書にあるメールサーバー(通常は本番環境サーバー)と同じサーバーです。

[By server] オプションを選択した場合:

  • GWMHN のメールファイル検索先となるサーバーを指定できます。このオプションは、本番環境サーバーから移行サーバーにデータをコピーした場合に使用します。この場合、検索先として移行サーバーを選択します。
  • 複数の GWMHN サーバーで同じプロファイルを有効にしないようにしてください。複数で有効になっていると、データが重複する可能性があります。各移行サーバーは、移行を担当するユーザーのプロファイルのみをホストすることをおすすめします。
ユーザーが保留になっている場合はどうなりますか?

アクティブなプロファイルを保留することができます。保留中のプロファイルは、移行エージェントの実行時にスキップされます。アクティブなプロファイルが処理中の場合、移行は一時停止も停止もされません。

設定中に「このアプリはブロックされます」という警告メッセージが表示されるのはなぜですか?

アクセス トークンの設定中に認証コードを取得しようとすると、Chrome ブラウザで次のいずれかの警告メッセージが表示されることがあります。

  • 「このアプリはブロックされます。このアプリが、Google アカウントのプライベートな情報にアクセスしようとしました。アカウントを安全に保つため、Google によりこのアクセスはブロックされました。」
  • 「このアプリでは「Google でログイン」機能が一時的に無効。このアプリは Google での確認がまだ完了していないため Google ログインを使用できません。」

この問題の原因は、GWMHN がサードパーティ製アプリとして Google 管理コンソールの許可リストに登録されていないことにあります。[アプリのアクセス制御] で GWMHN を追加する方法は次のとおりです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[セキュリティ] 次に [API の制御] に移動します。
  3. [サードパーティ製アプリのアクセスを管理] をクリックします。
  4. [アプリ] タブで、[新しいアプリを設定] 次に [OAuth アプリ名またはクライアント ID] をクリックします。
  5. 検索フィールドに「815156995542.apps.googleusercontent.com」と入力し、[検索] をクリックします。
  6. [GWMHN] 次に [選択] を選択します。
  7. [OAuth クライアント ID] チェックボックスをオンにして、[選択] をクリックします。
  8. [信頼されている: すべての Google サービスにアクセス可能] をオンにし、[設定] をクリックします。

GWMHN アプリが [アプリのアクセス制御] ページに接続済みのアプリとして表示されます。

移行後に受信者のメールアドレスがグループのメールアドレスに変更されるのはなぜですか?

ユーザーがグループのアーカイブ メールを移行する際は、データベース テンプレートがメールイン データベースに基づいている必要があります。こうしておかないと、たとえば、メッセージがディスカッション データベースに誤って保存されていた場合に、GWMHN は移行中にメッセージの [To] 欄をグループのメールアドレスに置き換えます。

関連トピック


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false