トークンを設定して管理コンソールから GCPW を管理する

サポート対象エディション: Frontline、Business Starter、Standard および Plus、EnterpriseEducation Fundamentals、Standard、Teaching and Learning Upgrade、Plus、G Suite Basic および Business、Essentials、Cloud Identity Free および Premium。 エディションの比較

Windows 向け Google 認証情報プロバイダ(GCPW)バージョン 87.0.4280.88 のリリースにより、GCPW の設定を管理コンソールで行えるようになり、Windows デバイスごとにレジストリ設定を編集する必要がなくなりました。この機能は、ユーザーが初めてログインしたときに、デバイス上の GCPW クライアントから Google に組織固有のトークンが渡されることで使用可能になります。組織固有のトークンが埋め込まれている新しい GCPW クライアントのインストーラは、管理コンソールでダウンロードできます。

対象ユーザー

GCPW を初めて使用する場合、何もする必要はありません。管理コンソールからダウンロードした GCPW インストール ファイルに、トークンが含まれています。

管理コンソールで GCPW 設定を管理するのではなく、レジストリ設定を使用する場合は、何もする必要はありません。

すでにデバイスに設定されている GCPW のバージョンが 87.0.4280.88 より前である場合、ユーザーは引き続きログインでき、管理者が行った GCPW レジストリ設定が引き続き適用されます。ただし、許可されたドメインを管理コンソールから編集するには、レジストリ ファイルにトークンの値を設定する必要があります。既存のレジストリ設定は削除しなくても、管理コンソールの設定によってオーバーライドされます。

GCPW トークンを設定する

次の方法でデバイスのトークンを更新することができます。デバイスのレジストリ設定で発生する可能性のあるエラーを回避するために、GCPW ファイルを再インストールするか、レジストリ ファイル を実行することをおすすめします。

新しいトークンを持つクライアントで GCPW を再インストールする

まだダウンロードしていない場合は、新しい GCPW インストール ファイルをダウンロードします。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. [設定] 次に [Windows の設定] 次に [Windows 用 Google 認証情報プロバイダの設定] 次に [GCPW のダウンロード] をクリックします。
  4. 64 ビット版または 32 ビット版の GCPW インストール ファイルをダウンロードし、デバイスに配布します。

トークンを更新するには、デバイスでインストーラを実行します。インストール ファイルをダブルクリックするか、コマンド プロンプトからファイルを実行します。

  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. 64 ビット版 クライアントをインストールするには、gcpwstandaloneenterprise64.exe を管理者として実行します。32 ビット版 クライアントをインストールするには、gcpwstandaloneenterprise.exe を管理者として実行します。
デバイスでレジストリ ファイルを実行する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. [設定] 次に [Windows の設定] 次に [Windows 用 Google 認証情報プロバイダの設定] 次に [GCPW のダウンロード] をクリックします。
  4. [レジストリ ファイル] をクリックします。
  5. レジストリ ファイルを Windows デバイスに配布します。
  6. Windows デバイスで、レジストリ ファイルをダブルクリックして実行します。レジストリ内のトークンの値が更新されます。
  7. デバイスを再起動します。
手動でレジストリにトークンを追加する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。
  3. [設定] 次に [Windows の設定] 次に [Windows 用 Google 認証情報プロバイダの設定] 次に [GCPW のダウンロード] をクリックします。
  4. トークンのあるボックスで、[コピー] をクリックします。
  5. 他のデバイスからアクセスしやすい場所にトークンを保存します。
  6. Windows デバイスで現在のレジストリキーをバックアップし、新しいレジストリをインポートします。
    1. Windows の [スタート] メニューで、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    2. [ファイル名を指定して実行] ボックスに「regedit」と入力します。
    3. レジストリ エディタで、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies に移動します。
    4. [Policies]   を右クリックして [新規] 次に [キー] をクリックし、フォルダを作成します。
    5. フォルダの名前を「Google」にします。
    6. [Google] を右クリックして [新規] 次に [キー] をクリックし、フォルダを作成します。
    7. フォルダの名前を「CloudManagement」にします。
    8. CloudManagement フォルダを右クリックし、[新規] 次に [文字列値] をクリックします。
    9. 名前を「EnrollmentToken」にします。
    10. 名前をダブルクリックし、[値のデータ] ボックスにトークンを貼り付けます。
    11. [OK] をクリックします。
  7. レジストリ エディタを閉じて、デバイスを再起動します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。