Google ディスプレイ ネットワークで位置情報が利用される仕組みを理解する

Google ディスプレイ ネットワークで位置情報が使用される理由

Google ディスプレイ ネットワークは、200 万を超えるウェブサイト、動画、アプリ(Gmail や YouTube など、Google の所有するプロパティを含む)で構成されています。これらのパブリッシャーは Google と提携して、広告主の広告を掲載しています。

Google は、便利で有意義な広告エクスペリエンスの提供を重視しており、位置情報はそのための重要な役割を果たします。位置情報を使用すると、より関連性が高く有用な広告を掲載できるようになります。

Google がユーザーのロケーション履歴やその他の個人情報を広告主に提供することはありません。

位置情報がディスプレイ ネットワークでの広告表示に使用される仕組み

ディスプレイ ネットワークでは、ユーザーの現在位置に基づいて広告が表示されることがあります。これには、デバイスの IP アドレスなどのシグナルから取得した位置情報も活用されます。

マイ アド センターの設定によっては、Google アカウントにログイン中のアクティビティに基づいて、Gmail や YouTube にも広告が表示されることがあります。アクティビティには、ウェブとアプリのアクティビティに保存されているディスプレイ ネットワークのアクティビティも含まれます。

Google アカウントに保存されているデータはご自身で管理可能です。また、いつでもパーソナライズド広告を無効にできます。パーソナライズド広告が無効になっている場合、Google は Google アカウントに保存されているデータを利用した関連性の高い広告の配信をしなくなります。

ロケーション履歴が有効になっている場合、Google はその情報を利用して、オンライン広告キャンペーンが実店舗への来店数の増加にどの程度貢献したかを広告主が測定できるようにしています。広告主には集計された統計情報のみが報告されます。統計情報を作成するにあたり、Google は、広告クリックなどのオンライン アクティビティ データを、広告主の実店舗に関連するロケーション履歴情報と結び付けます。この情報は、オンライン広告キャンペーンを目にしたユーザーが広告主の店舗を訪れた頻度を推定するために、集計データとして使用されます。Google がユーザーのロケーション履歴やその他の個人情報を広告主に提供することはありません。

Google ディスプレイ ネットワーク上のウェブサイトを閲覧しているユーザーのおおよその位置や国を検出する方法

Google では、ユーザーが利用しているサービスに応じて、さまざまなタイプの位置情報を取得することがあります。この情報は、サービスを運用し、有用な広告を掲載するために不可欠なものです。ユーザーの現在位置や国に関する情報を取得する方法には次のようなものがあります。

  • インターネット接続の IP アドレスから取得: IP アドレスは、ユーザーのデバイスとユーザーが使用するウェブサイトやサービスの接続を確立するために使用されます。IP アドレスは基本的に地域に基づいているため、どのウェブサイトでも、ユーザーのおおよその地域に関する情報が得られます。Google は、インターネット サービス プロバイダがユーザーのデバイスに割り当てた IP アドレスに基づいて、ユーザーのおおよその地域を推測することがあります。
  • ユーザーの閲覧中のウェブサイトまたは過去のアクティビティから取得: ディスプレイ ネットワーク上のウェブサイトやアプリにユーザーがアクセスした際、アクセス時のメタデータ(ブラウザのタイムゾーン、ドメイン、ページ コンテンツ、ブラウザの種類、ページの言語など)に基づいて、ユーザーの国や関心のあるおおよその地域を推定することが可能です。Google は、ユーザーの IP アドレス、VPN、プロキシ サービスなどのネットワーク情報から得られる位置情報シグナルに加えて、このメタデータを利用することがあります。また、ユーザーの過去の閲覧やアプリのアクティビティに基づいて位置情報が推測されることもあります。

詳しくは、位置情報に関する Google のプライバシー ポリシーをご覧ください。
 

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー