検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

URL ターゲティング

テスト対象として、指定したページまたは一連のページを指定する方法を説明します。

URL ターゲティングは、テスト対象となるページを選択するための機能です。URL を指定するだけで、一連のページのパターンをテストできます。単一ページ、複数のページ、さらにはホストやパスをテスト対象として指定できます。

この記事の内容:

URL ターゲティングの使用事例

たとえば、/product ページの画像を大きくした場合、コンバージョンにどのような影響を与えるかをテストするには、URL ターゲティング ルールを作成します。URL ターゲティング ルールを使用して、ランディング ページの複数のパターンをテストすることもできます。

変数

URL ターゲティングでは以下の変数を使用できます。

  • URL(デフォルト) - ページの完全な document.location。URL は、Google オプティマイズで使用するターゲティング条件の構成要素です。マッチタイプや演算子と組み合わせることで、テスト対象のページを柔軟に指定できます。
  • ホスト - 一般に、「ドメイン」または「ドメイン名」と呼ばれます。サイトのすべてのページのパターンがテスト対象となります。
  • パス - URL で、host/domain 名に続く部分です。クエリ パラメータは含まれません。

Optimize URL targeting variables (URL, Host, Path, URL fragment).

マッチタイプ

選択できるマッチタイプは、一致等しい含む先頭が一致最後が一致正規表現です。

一致

URL のクエリ文字列パラメータ部分を除いて比較したい場合に、[一致] を使用します。[一致] マッチタイプには以下のルールが適用されるので、[等しい] より柔軟に使用できます。

  • クエリ文字列パラメータとフラグメントは無視されます。
  • 大文字と小文字は区別されません。
  • 先頭の www. は自動的に削除されます。
  • 末尾のスラッシュは自動的に削除されます。
  • HTTP と HTTPS のどちらでも使用できます(HTTP は HTTPS とみなされます)。

例:

変数 マッチタイプ
URL 一致 http://www.example.com/prod_summary

true と評価される URL:

  • http://www.example.com/prod_summary
  • http://www.example.com/prod_summary?prod_id=1234

false と評価される URL:

  • http://shopping.example.com/prod_summary
  • http://www.example2.com/prod_summary
ポート番号の使用

[一致] の値として指定した URL にポート番号が含まれている場合、そのスキーム(http または https)のデフォルト値が使用されます。

  • http://example.com:80/http://www.example.com/ とみなされます。
  • https://example.com:443/https://example.com/ とみなされます。

ただし、http://example.com:443/https://example.com/マッチしません。

等しい

URL のすべての文字(先頭から最後まで)が入力値と完全に一致している場合、指定した条件が true と評価されます。セッション ID やクエリ文字列パラメータなど、動的な(変化する)情報がターゲット URL に含まれていない場合に [等しい] を使用してください。

例:

変数 マッチタイプ
URL 等しい http://www.example.com/prod_summary

true と評価される URL:

  • http://www.example.com/prod_summary

false と評価される URL:

  • http://www.example.com/prod_summary?prod_id=1234

含む

[含む] マッチタイプは「部分一致」とも呼ばれ、指定した値が URL のどこか一部に含まれていれば true と評価されます。[含む] を使用すると、特定のクエリ文字列パラメータが含まれているすべての URL をテスト対象として指定できます。

例:

変数 マッチタイプ
URL 含む page=4

true と評価される URL:

  • http://www.example.com/member.cgi?id=9&page=4

false と評価される URL:

  • http://www.example.com/member.cgi?id=9&page=2

先頭が一致

[先頭が一致] マッチタイプでは、指定した文字列とまったく同じ文字列で始まる URL が抽出されます。URL の大部分は変化せず、末尾にクエリ文字列パラメータが追加される可能性がある場合、末尾のパラメータを除いて比較できます。

例:

変数 マッチタイプ
URL 先頭が一致 http://www.example.com/pages/

true と評価される URL:

  • http://www.example.com/pages/subpage/

false と評価される URL:

  • http://www.example.com/members/pages/

最後が一致

URL の最後の部分が入力値と完全に一致する場合、その URL はテスト対象となります。 たとえば、ショッピング カートのページ(URL の末尾が /thankyou.html)をテストするときに [最後が一致] を使用します。

例:

変数 マッチタイプ
URL 最後が一致 /thankyou.html

true と評価される URL:

  • http://www.example/thankyou.html

false と評価される URL:

  • http://www.example.com/checkout/thankyou.html?x=1&y=1

正規表現

正規表現では、特殊文字を使ってワイルドカードを有効にしたり、柔軟なマッチングを行ったりすることができます。同じウェブページの URL で、ステム、末尾のパラメータ、またはこれら両方が変化する場合に正規表現が役立ちます。多数のサブドメインからユーザーが訪問してくるサイトで、URL にセッション ID が含まれている場合、正規表現を使用すれば URL の不変部分を指定できます。

例:

変数 マッチタイプ
ページの参照 URL 正規表現 checkout.cgi\?page=1

true と評価される URL:

  • http://sports.example.com/checkout.cgi?page=1&id=123
  • http://fishing.example.com/checkout.cgi?page=1&lang=en&id=123

false と評価される URL:

  • http://sports.example.com/checkout.cgi?page=2&id=123

 

演算子

AND

複数のルールをすべて満たすパターンをテスト対象にする場合、AND 演算子を使用します。AND 演算子を使用した条件は、すべての値が満たされた場合のみ true と評価されます。

例:

タブレットから /nexus_9 ページを訪れたユーザーをターゲットにするには、2 つのルールを作成し、AND 演算子で結合します。

URL ターゲティング ルール:

変数              マッチタイプ
URL 等しい https://store.google.com/pro

デバイス ターゲティング ルール

変数 マッチタイプ
デバイス カテゴリ 等しい タブレット         

OR

URL 構成が異なるいずれかのページをテストする場合に、OR 演算子を使用します。OR 演算子を使用した条件は、いずれかの値が一致した場合に true と評価されます。URL ターゲティング ルールに値を追加し、OR で結合してください。URL ターゲティングの場合、URL を入力して Enter キーを押すと、その URL に OR 演算子が自動的に追加されます。URL を入力して Enter キーを押すだけで、OR 演算子で結合されたルールを作成できます。

例:

2 つの異なる URL があるストアページをテスト対象にするには、[値] ボックスにそれら 2 つの URL を入力してルールを作成します。URL を入力して Enter キーを押すと、OR 演算子が自動的に追加されます。

変数 マッチタイプ
ページの参照 URL 等しい http://store.google.com/ OR... http://www.google.com/store/

The OR operator is supported within individual conditions but you can't use it to combine multiple conditions. For example, you can build a condition like this: "path equals /store OR /shop" but you can't use OR across multiple conditions like this: "path equals /store OR host equals example.com"

その他の考慮事項

URL を入力するとき、特殊文字をエスケープする必要があります。下表の文字については、それぞれ示されているエスケープ コードを使用してください。

文字 エスケープ コード
アンパサンド & &
一重引用符 ' '
二重引用符 " "
超える > >
未満 < &lt;

 

たとえば、次のように、URL にアンパサンド(&)が含まれているとします。

  • topic=1638563&amp;rd=1

この場合、URL に含まれているアンパサンドを「&amp;」エスケープ コードに置き換える必要があります。

  • topic=1638563&amp;rd=1
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。