検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

組織とサービス アカウントを管理する

この記事の内容:
ここで説明するすべての手順は、[組織設定] で行えます。

サービス アカウントを組織にリンクすると、次のような多くのメリットが得られます。

  • アナリティクス 360 スイートから、リンクしたサービス アカウントとそれに関連するユーザー アカウントを利用できます。
  • 組織の管理者は、リンクしたアカウントのユーザーを管理できます。
  • 各サービスのヘッダーで、組織、アカウント、サービスを選択できます。
  • これらのアカウントの請求を [組織の設定] で管理できます。
  • リンクしたアカウントのデータが [サマリー] タブのサービスカードに表示されます。
  • アナリティクス、タグマネージャ、オプティマイズのアカウントを組織にリンクすると、組織のユーザーは、アナリティクス、タグマネージャ、オプティマイズのアカウントを新たに作成し、そのアカウントの作成時に組織にリンクできます。これらの新しいサービス アカウントには、元のアカウントで同意した元のサービス利用規約が適用されます。

アカウントを組織にリンクすると、そのアカウントに関連付けられているオブジェクト(アナリティクスのプロパティ、タグマネージャのコンテナなど)が [組織の設定] > [サービス] に表示され、それらのアカウントやオブジェクトを操作できるようになります(アナリティクスのプロパティまたはタグマネージャのアカウントのサービスレベルをスタンダードから 360 に変更するなど)。

サービス アカウントをリンクすると、そのアカウントのユーザーが組織に追加され、ユーザーの権限が自動的に付与されます。

前提条件

サービス 前提条件
Google アナリティクス スタンダード

360 スイートの組織の「ユーザー」役割

アナリティクス アカウントの「ユーザー管理」権限

Google アナリティクス 360

360 スイートの組織の「組織管理者」または「請求管理者」の役割

アナリティクス 360 アカウントの「ユーザー管理」権限

リンク先の組織には、アナリティクス 360 アカウントの有効なオーダーが必要です。

Google タグマネージャ スタンダード

360 スイートの組織の「ユーザー」役割

タグマネージャ アカウントの「管理」権限

Google タグマネージャ 360

360 スイートの組織の「組織管理者」または「請求管理者」の役割

タグマネージャ 360 アカウントの「管理」権限

リンク先の組織には、タグマネージャ 360 アカウントの有効なオーダーが必要です。

Google オプティマイズ スタンダード

360 スイートの組織の「ユーザー」役割

オプティマイズ アカウントの「管理」権限

Google オプティマイズ 360

360 スイートの組織の「組織管理者」または「請求管理者」の役割

オプティマイズ 360 アカウントの「管理」権限

リンク先の組織には、オプティマイズ 360 アカウントの有効なオーダーが必要です。

 

組織の「組織管理者」または「請求管理者」であるものの対象サービス アカウントの管理者でない方は、そのサービス アカウントの管理者(リンク リクエストの承認権限を持つ管理者)にリンク リクエストを送ることもできます。

 

アカウントをリンクする

  1. Google アナリティクス 360 スイートのアカウントにログインします
  2. 目的の組織を選択し、[組織の設定] をクリックします。
  3. 販売パートナー: [クライアント] をクリックしてクライアント名を選択し、[サービス] でリンクを希望するサービス(アナリティクスなど)をクリックします。
    クライアント / 標準ユーザー: [サービス] で、リンクするサービス(アナリティクスなど)をクリックします。
    選択した組織で使用できる 360 スイート サービスの一覧
  4. [+] をクリックします。
    アカウント オブジェクトの一覧
    [リンク設定] が開きます。
    [リンク設定] パネル
  5. [リンクするアカウントを選択] をクリックします。リンク可能なアカウントの一覧が表示されます。
    リンク可能なアカウントの一覧
  6. リンクするアカウントを選択して、[選択] をクリックします。
    アカウントの一覧で、リンクするアカウントを選択
  7. [リンク] をクリックします。
    リンクされたアカウント

サービス アカウントが組織に正しくリンクされなかった場合は、そのサービスの管理者にメールで通知されます。必要に応じてサービス アカウントのリンクを解除してください。

アナリティクスのプロパティを有効にして、オプティマイズ アカウントへリンクできるようにする

この手順を行えるのは「請求管理者」のみです。

オプティマイズ アカウントを組織にリンクした後、アナリティクス 360 のプロパティを 1 つ以上有効にしてそのオプティマイズ アカウントにリンクすると、両者間でデータを共有できるようになります。プロパティを有効にすると、リンク処理の開始時にそのプロパティがオプティマイズに表示されます。アナリティクスのプロパティをオプティマイズ アカウントにリンクするメリットの詳細をご確認ください。

アナリティクス 360 のプロパティを有効にして、オプティマイズ アカウントへリンクできるようにするには:

  1. Google アナリティクス 360 スイートのアカウントにログインします
  2. 目的の組織カードをクリックし、[組織の設定] をクリックします。
  3. 販売パートナー: [クライアント] をクリックしてクライアント名を選択し、[サービス] で [オプティマイズ] をクリックします。
    クライアント / 標準ユーザー: [サービス] で [オプティマイズ] をクリックします。
  4. [オプティマイズ 360 が有効なプロパティ] をクリックします。
    オプティマイズの設定
  5. [+] をクリックします。選択可能なプロパティの一覧が表示されます。
    オプティマイズ 360 に対応しているプロパティの一覧
  6. 有効にするプロパティをすべて選択して、[有効にする] をクリックします。

サービス アカウント オブジェクトのサービスレベルを設定する

サービス アカウントを組織にリンクした後、オブジェクト(アナリティクスのプロパティなど)のサービスレベルをスタンダードから 360 に変更できます。

サービスレベルを 360 からスタンダードに戻すことはできません。サービスレベルをスタンダードに戻すと、BigQuery Export がアナリティクス 360 との連携に失敗したり、サービス統合(アナリティクス 360 と DoubleClick Bid Manager など)が停止するなど、意図しない結果が生じる場合があります。サービスレベルを 360 からスタンダードに戻す必要がある場合は、アナリティクス 360 スイートのアカウント マネージャーに問い合わせて、変更によって生じる影響について話し合い、必要であれば変更を反映してください。

販売パートナーは、クライアントのオブジェクトのサービスレベルを設定できます。また、販売パートナーのクライアントと直接クライアントは、自分のオブジェクトのサービスレベルを設定できます。オブジェクトのサービスレベルを設定する手順は次のとおりです。

  1. Google アナリティクス 360 スイートのアカウントにログインします
  2. 目的の組織カードをクリックし、[組織の設定] をクリックします。
  3. アカウントが適切な組織にリンクされていることを確認します。
  4. 販売パートナー: [クライアント] をクリックし、クライアント名をクリックした後、[サービス] でサービスを選択してから、特定のアカウントを選択します。
    クライアント: [サービス] でサービスを選択してから、特定のアカウントを選択します。
  5. オブジェクト(アナリティクスのプロパティなど)を選択します。
    サービスレベルのアップグレード向けに選択されたアカウント オブジェクト
  6. その他 をクリックし、[選択したプロパティをアップグレードする] をクリックします。

オブジェクトのサービスレベルのアップグレードに必要な権限があるにも関わらず、アップグレードする管理機能を使用できない場合は、次のいずれかが原因です。

サービス アカウントを別の組織にリンクする必要がある場合などは、リンクを解除する必要があります。

前提条件

サービス アカウントのリンクを解除するには、リンクを解除する組織の組織管理者の権限が必要です。

アカウントのリンクを解除する

アカウントのリンクを解除するには:

  1. Google アナリティクス 360 スイートのアカウントにログインします
  2. 目的の組織を選択し、[組織の設定] をクリックします。
  3. [サービス] で、リンクを解除するアカウントの種類をクリックします。
  4. 個々のアカウントをクリックします。
  5. その他 をクリックし、[アカウントのリンクを解除] をクリックします。

サービス アカウントを別の組織に移動する

前提条件

アカウントを移動するには、移動元の組織と移動先の組織で以下の管理者権限が必要です。

  • 移動元(現在)組織: 組織管理者および請求管理者
  • 移動先(新規)組織: 請求管理者
  1. Google アナリティクス 360 スイートのアカウントにログインします
  2. 組織カードで その他 をクリックし、[アカウントを移動] をクリックします。
  3. 移動先の組織を選び、移動するアカウントを選択します。
  4. [移動] をクリックします。
対象アカウントの有効なオーダーが移動先の組織にもあれば、アカウントを移動しても、そのアカウントの 360 サービスレベルが変わることはありません。

アナリティクス アカウントへの管理者権限を復旧する

組織にリンクされているアナリティクス アカウントへの管理者権限を失った場合、組織管理者またはユーザー管理者に復元してもらうことができます。アナリティクス アカウントへの管理者権限は、「ユーザー管理」権限と「編集」権限で構成されます。

たとえば、アカウント管理者が別の管理者に引き継ぎをせずに退社すると、管理者権限を持つユーザーがいなくなってしまいます。このようにアカウントの管理者がいない状態でも、そのアカウントでは引き続きデータが収集され、管理者権限のないユーザーは今までどおりログインし、各自の権限の範囲内でアカウントを使用できます。

アナリティクス アカウントへの管理者権限を再取得する必要がある場合は、組織管理者またはユーザー管理者にお問い合わせください。

組織管理者またはユーザー管理者が、アナリティクス アカウントへのアクセス権の復元を必要とする場合:

  1. Google アナリティクス 360 スイートのアカウントにログインします
  2. 目的の組織を選択し、[組織の設定] をクリックします。
  3. [サービス] で [アナリティクス] をクリックします。
  4. アクセスを復旧させたいアカウントを選択します。
  5. [サービスにアクセス] をクリックします。
    選択したアナリティクス アカウントの [ユーザー管理] ページが開きます。
  6. [権限を付与するユーザー] で、管理者権限を付与する Google アカウントのメールアドレスを入力します。
  7. [ユーザー管理] 権限と [編集] 権限を選択します。
  8. 古い管理者がまだアカウントに残っている場合は、ここで削除できます。

組織の変更履歴を確認する

変更履歴を確認できるのは組織管理者のみです。

[変更履歴] ページで確認できる内容は次のとおりです。

  • 変更日時
  • 変更者
  • 変更内容

たとえば、新しいアカウントが組織にリンクされた日時、ユーザーが追加または削除された日時、オブジェクトのサービスレベルが変更された日時、オーダーの終了日が変更された日時を簡単に確認できます。

このような変更について記録しておくことで、請求額の増加があった場合などに、円滑に対応できます。変更履歴を検索することで、いずれかの管理者がプロパティのサービスレベルをスタンダードから 360 に変更したり、請求に関する設定を変更したことを確認できます。

過去 2 年間の変更を確認できます。

変更履歴を表示するには:

  1. Google アナリティクス 360 スイートのアカウントにログインします
  2. 目的の組織カードをクリックし、[組織の設定] をクリックします。
  3. [変更履歴] をクリックします。

変更履歴の項目の絞り込み

変更履歴の項目は、次のような目的で絞り込むことができます。

  • 特定のユーザーが行った変更を検索する
  • 特定の期間内に行われた変更を検索する

デフォルトでは次の 2 つのフィルタが適用されます。

  • システムによる自動変更を除外(変更者 含めない システム ユーザー)
  • 過去 30 日間のメッセージのみを含める(日付 まで <今日の日付>)

フィルタを開くには、フィルタ をクリックします。

変更履歴フィルタの設定

次のオプションがあります。

  • 日付: 変更が行われた日付または期間
  • 変更者: 変更を行ったユーザー
  • 操作の説明: 変更についての説明
  • カテゴリ: 変更の対象となったスイートの範囲([商品]、[お支払いと請求] など)

フィルタのタイプや指定した情報を含めるかどうかをメニューで選択し、フィルタの値を選択または入力します。

[適用] をクリックして、変更履歴の項目を絞り込みます。

 

ユーザーを管理する
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false